実習生が保育実習をする際の一日の流れ

保育実習

それまで学校などで座学をしてきたところから、実際に保育現場で保育を目の当たりにできるのが保育園実習です。

ずっと想像してきた子どもたちの登園の様子、遊びの様子、給食の様子、降園の様子などを見たり、その中で関わりを持つ中で、保育園の役割、保育士の役割、保育の楽しさ、大変さ、やりがいなどを感じ、学び、体感します。実習生は短い実習期間の中で、見学のみの段階から、1日子どもたちの前で担任保育士のように過ごすまでに成長を遂げます。

では、実習生は保育園で一日、どのような流れで過ごすのかをご紹介して参ります。

ここでは、主に幼児クラスに入った場合の、部分実習がある、とある1日でご紹介します。

↓私は保育ひろばを利用して基本給が2.4万円アップしました↓

保育実習の一日

早朝保育(7:30~)

実習期間の中で、一度経験させてもらえることが多いです。早番保育士と一緒に早朝出勤します。

出勤簿に判を押し、身支度をしたら、窓や保育室を保育士と一緒に開錠し、保育室の電気をつけます。早朝保育の環境設定をします。基本的には子どもたちが遊びやすいように、幼児用、乳児用のおもちゃを少し場所を離して設定したりします。

早朝保育の子どもが登園し、支度が済んだ子から早朝保育の部屋に来るので、受け入れをします。そこで、全学年の早朝保育の子を保育します。早朝保育士と一緒に子どもの視診をします。

手紙を預かるなどは実習生はあまりしませんが、もし保護者が渡してくるときは、速やかに早朝保育士に確認をして受け取ってもらいます。泣いて登園する子に寄り添ったり、危険のないように遊びを見守ったり一緒に遊びます。

最初の早朝保育士が、次の早朝保育士が見る分の子の伝達事項を引き継ぎをしているところまでしっかり見聞きし、早朝保育士にお礼を伝えたり、早朝保育について質問があれば質問をしたりした後、ミーティングに出ます。

自由遊び(8:30~9:30)

普通出勤の場合は8:30に出勤します。実習生は少し早めに出勤し、前日の実習記録を職員室の園長先生の机に提出します。

ミーティングまで職員室などの掃除をします。それから、8:30の朝のミーティングに参加します。その日の伝達事項など、ミーティングの内容はできる限りメモを取ります。それが済んでから、早朝保育室に、担任保育士と一緒にクラスの子どもを迎えに行きます。

8:30からは担任保育士を見つつ、実習生も一人ひとりに挨拶しながら視診をして、触れたり表情を見ながら今日の体調や顔色、気分などをよく見て把握していきます。

普通登園の子どもたちも登園してくるので受け入れながら、実習生は一日でも早く子どもたちと信頼関係が築けるように、名前も覚えながら室内や外で登園する子と沢山遊ぶようにします。

朝の会(9:30頃)

片付けの声掛けが担任保育士からあったら、子どもたちと一緒に片づけをします。排泄の様子を見守ったり、朝の会の様子をメモします。

この時間に部分実習がある場合、朝の会で歌う曲のピアノを弾かせてもらったりすることが多いです。

主活動(9:45~11:30頃まで)

見学実習の時には、実習生は一切手出しをしませんが、慣れてきたころには担任保育士の指示の元、環境設定や保育の援助などに入ることもあります。

例えば、製作の時に使う画用紙を子どもたちに配ったり、ゲームや運動の時には、その内容に沿って保育室や園庭に必要な道具などを配置したり、一緒に参加したりします。

また、散歩の時には、子どもたちと手を繋いで安全を確認しながら一緒に目的地に向けて歩いたり、現地で子どもたちと一緒に遊びます。

行事前に実習期間が当たった時はその練習にも保育士の一人として参加し、競技のポイントの位置に立ったり道具運びの手伝いをするなど、主活動の内容によって臨機応変な動きを求められることもあります。

給食(11:30~12:30頃)

活動が終わったら、片付けの手伝いをします。製作の場合は、使った雑巾を洗って干したり、運動などの場合は使った道具を片づけたりします。また、給食の準備の手伝いをします。お当番さんが給食を運べるようにおかずなどを器によそったりします。

担任保育士と同様に子どもたちと一緒に給食を食べます。子どもたちに自分のグループに座るようアピールをかなり受けるので、できれば毎日ローテーションするなど、偏りのないように座るといいです。

自由遊び(12:30~14:30頃)

給食を食べ終わったら、給食の片付けやゴミ拾い、掃除の手伝いをします。また、子どもたちと室内遊びを一緒にしながら関係を築いていきます。

また、実習生も担任保育士と同様に休憩を取ります。この休憩時間には、もちろん休憩もしていいのですが、午前中にあったことをまとめるとてもいい時間なので、メモしきれなかったことをメモしたり、担任保育士に質問したいことをまとめたり、書けそうであればその日の実習記録を書く時間などに充てます。

休憩の前、または後に、幼児クラスの休憩保障に入り、子どもたちと一緒に戸外遊びをします。

おやつ(14:30~15:00頃)

子どもたちと一緒に使っていたおもちゃを片づけるよう促します。おやつをお当番さんが配膳しやすいように器によそうなどします。

自由遊び(15:00~15:30)

おやつの片づけや掃除をします。子どもと一緒に室内遊びをします。

帰りの会(15:30頃)

部分実習がこの時間になることもあります。実習生が手遊びをして、その後に絵本、紙芝居を読み聞かせたり、パネルシアターを見せたりします。

見せ終わると、担任保育士が交代し、帰りの会の続きをするので、また見学になります。帰りの会後、担任保育士と一緒に、降園する子どもたちに挨拶をして、見送ります。

 

智子
絵本や紙芝居は、どんなものを選べばいいのですか?
和代
絶対これ、という決まりはないけれど、季節に合ったものや先生が子どもたちに伝えたいことがあればそれに沿ったもの、あとは単純に子どもたちが楽しめそうなものでもいいけれど、ねらいを持って、そのねらいに沿ったものを選べたらベストね。子どもたちに何を得て欲しいかじっくり考えてみてね。

夕刻保育(16:00~)

実習期間に一度、延長保育まで入らせてもらえることが多いです。幼児の夕刻保育に入り、戸外遊びや室内遊びを子どもたちと一緒にします。

また、早番の時は、早番保育士と一緒にこの時間に退勤します。普通勤務の時は、この時間に担任保育士と反省会をします。

その日の実習の反省をしたり助言をもらい、担任保育士に質問をしたりして、今日のことを自分の中でまとめていきます。また、明日の保育準備を担任保育士と一緒に行ったりします。普通勤務の場合は、17時あたりに担任保育士と一緒に退勤となります。

帰宅後に保育記録を書かなければいけないので、時間が大幅に遅くなることはありませんが、行事前日の場合などは、少し時間が延びて退勤が遅くなることもまれにあります。

延長保育(18:30~19:30)

全学年がまとまった保育室で、延長保育士と一緒におやつの準備をしたり、子どもたちと一緒に室内遊びをします。全員が降園したら、保育士と一緒に掃除、消灯・施錠をして終了となります。

まとめ

実習生の1日は、とても長いです。保育中は気を張って実習をしますし、休憩中もずっと保育のことを考えるし、帰宅後もその日1日を振り返って寝る時間を削ってでも記録を書きます。

それでも疑問は尽きませんし、1日実習のことを考えようと思うと時間が全然足りません。それだけ充実した日々を送れて、しかも失敗してもいいのが、実習なのです。何より、キラキラした笑顔の子どもたちに囲まれて取り合いになるほどの毎日を過ごせるのが実習生の醍醐味です。

子どもたちの笑顔のために、眠い目をこすりながらも、それでも頑張って一日一日を過ごしていきましょう。

私も利用して成功した求人サイト

「保育ひろば」では給与24万円以上!賞与4ヶ月以上!30分圏内の求人案件を多数抱えています!

登録~就業まで最短1日で完了するのも魅力的!